高温下でのノイズ対策
FPC用シールドフィルム(高信頼性)

SF-HR5600-C

写真:SF-HR5600
写真:SF-HR5600-C

概 要

5Gの本格導入により大容量/低遅延/多数同時接続が可能となり、様々なモノがワイヤレスで繋がる時代が来るとされています。自動車においても自動運転技術の向上にともない、センサーなどの電子部品増加が見込まれノイズ対策の重要性が増しています。車載での使用環境を鑑み、高温下での信頼性を高めたSF-HR5600-Cが、自動運転技術発展の一役を担います。

  • ● 信頼性試験(高温放置)125℃2000時間

    • 接続抵抗値
      接続抵抗値
    • 接着強度
      接着強度
  • ● 信頼性試験(ヒートサイクル)-60℃⇔125℃ 30min 2000時間

    • 接続抵抗値
      接続抵抗値
    • 接着強度
      接着強度

上記は高温下における信頼性評価の結果です。125℃2000時間、-60℃⇔125℃ 2000時間ともに安定した抵抗値と接着強度を示しており、車載用FPCにはSF-HR5600-Cの採用が拡大しています。

※上記全ての各種データ・数値は実測値であり、保証値ではございません。

お問い合わせへ